革張りで特別な空間に!

施工事例のご紹介~ラウンジの入り口編~

通路や窓などはわりとオーソドックスな内装ですが

ラウンジはハイグレードアップな空間にして、ゆっくり寛いでもらいたいラブラブ

そんな施主様の要望にお応えしてきらきら!!

ドアのない入り口の框、つまり枠の部分を なんと!!

贅沢に革張り鏡面仕上げ(http://www.tokyo-kit-furniture.com/

で作ってしまった事例ですきゃー

素材の美しさを活かすため、あえて幅も奥行きもとって


ボリュームを出しましたポイント


入り口の枠だけで、特別な空間なんだひらめき電球って分かりますよね

 

子ヤギ革という天然の素材を、職人の手作業によって


美しい光沢の中に封じ込めたこの贅沢な素材らぶ2


空間の中に活かす方法は、アイデア次第なんです


奥が深くて、可能性もぞうな仕事で

 

本当に、やりがいもぞう ですサチ

asuka002.jpg

北谷 明日香です。( Asuka Kitatani )

世田谷区の二子玉川を拠点にインテリアコーディネーターの仕事をしています。
お客様にとって「大好きなものが散りばめられた、美しい空間作り」をお手伝いをします。


Interior Design Luceのホームページへ
詳しくはこちらをClick!!



ameba blogはこちら

私も掲載いただいている本

「リフォーム&リノベーション」
インテリアコーディネーター
名鑑2017
「ラグジュアリィ」
インテリアコーディネーター
の世界へようこそ
  「クオリティ38」
インテリアコーディネーター
の世界へようこそ
 

このブログ記事について

このページは、Administratorが2010年9月 3日 17:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「相談員をやっています」です。

次のブログ記事は「女優さんも使うジュエリーボックス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


[ Ctrl+D ]でもお気に入り登録できます
【このサイトをお友達に教えてあげる】

このエントリーをはてなブックマークに追加