読売新聞 夕刊(水) 「私・空間」について
 
2017(平成29)年4月19日より、読売新聞の「私・空間」というコラム連載を1年間担当させていただくことになりました。インテリアに潤いを与えるアイデアやアドバイスなど、ご紹介できればと思います。水曜日の夕刊、5週間に一度のペースになりますが、読売新聞を読んでいらっしゃる方は、是非ご覧になっていただけると嬉しいです!

画像は、アイデックのVIENNAシリーズのコンソールVT-204。私も大好きなデザインです。
 Interior Coordinator LUXURY  から記事を抜粋
インテリアのコンシェルジュ お客様の望みを形にする喜び
"こうありたい"真の潜在的ニーズをつかむ



---あなたの仕事がお客様から評価をいただいている点は?

 家具販売店を営んでいるせいか、お客様はいったん私に相談すれば「プランニング~デザイン~設計~施工までのすべてをワンストップで任せてしまえる」という安心感をお持ちになるようです。"インテリアのコンシェルジュ"のように思ってくださいます。

 家具メーカーと直結していること、私自身が家具の設計・デザインを得意としているからこそできる自由な空間作りでお客様の要望を形にしてきたことも、評価につながっていると思います。



---お客様との対応でこころがけていることは?

 最初のコンサルティングには十分時間をかけるようにしています。お客様の好みや"こうありたい"という真の潜在的ニーズを掴むため、とにかくお話を聞きます。ご自宅や現場でお話できる場合は、その場から読み取れるお客様についての情報にアンテナを張り、話のメモと一緒に採寸・写真撮影もさせていただきます。

 一度にたくさんの情報を聞き取りしますので、整理に多少かかりますが、現状とご要望を理解し消化した上で、イメージ図をできるだけ早く、目に見える形で提示するようにしています。

 イメージ図をご確認いただくことで、微妙なニュアンスのズレも発見できますし、お客様ご自身がおっしゃっていた要望が変わってくることもよくあります。イメージの修正・変更を繰り返すことで、お客様の"こうありたい"という着地点にたどり着けるようこころがけています。



---技術面でこころがけていることは?

 材料選定、ディテール、金具ひとつに至るまで細かく計算し尽くし、徹底的にこだわったデザインをするのがまず第一。そして、出来上がりを具体的にイメージしやすい視覚的なプレゼンをこころがけています。CADで空間全体の3Dモデルを作成し、様々な方向からの見え方を確認していただくと喜ばれます。また、感覚だけでなく「お客様が納得できる根拠」を示すために、プロとしての言葉を添えることも大切にしています。



---コーディネート業務の進め方をお聞かせください。

 初回は基本的に無料相談で承っています。ご予約後、事務所にお越しいただくか、東京都近郊であればご自宅に伺います。2回目以上はご契約の上、現場確認やショールーム同行なども積極的に行い、ご相談には電話・メール等も含めて丁寧に対応いたします。


---コーディネート料の目安は?

 ご相談の内容、範囲、規模等によって様々な仕事の受け方があります。詳しくはホームページをご覧いただくかお問い合わせください。

 住宅産業百貨2010  から記事を抜粋
オーダーメイド家具のデザインを軸に空間全体のコーディネートを追及


---変わりつつある業界の流れ 新たな可能性に挑戦

 大学を卒業後、政府系の金融機関に勤めていました。そこでもやりがいのある仕事をさせていただいていましたが、結婚を機に、自分の将来像を見直したいと思ったことと、主人の父が徳島で老舗の家具メーカーを営んでいたこともあって、この世界に関心を持ち、勉強をはじめたのがインテリアコーディネーターになったきっかけです。

 試験を受けて資格を取得したあと、5年ほどの子育て期間に、自分でできる範囲で家具デザインやCADの技術を学んでいきました。そして2004年に、主人と一緒にこの会社を立ち上げました。

 徳島には老舗の家具メーカーがありますが、メーカーに所属するのではなく、あえて新しい会社を興したのは、変わりつつある業界の流れを見据え、新たな可能性に挑戦してみたかったからです。お客様からのご要望を直に受け止め、それに応える家具づくりの必要性を感じていました。お客様に近い存在になれることを目指しながら、お客様が直接ご注文やご相談できるこの店をオープンいたしました。ご注文のほとんどがオーダーメイドになりますので、ここでは、私たちのつくる家具を実際に見て、触れてイメージをつかんでいただくスペースと考えています。



---美しく、きれいであることはプロとしてのこだわり

 私は、オーダーメイド家具のデザインと設計を主軸に仕事をしています。基本は、お客様のご要望される機能を満たしつつ、なおかつ使い勝手や使い心地のよい家具を設計していくことですが、プロであるからには、それを「美しく仕上げること」にまでこだわり取り組んでいます。さらに、インテリアコーディネーターとしての視点で家具づくりをすることを大事にしていますので、家具を入れる部屋や場所を見せていただき、その空間に合うサイズや構造を決め、部屋の雰囲気に馴染むような、時にはアクセントにもなるようなデザインや色を選らんでいきます。

 そのためにも、ご納得いただいてから作業に入りたいので、事前にイメージ図を見ていただく際には、部屋に家具を置いたときのボリューム感や、ドアから入ったときの見え方など、さまざまな角度からのものをご用意しています。

 オーダーメイド家具のデザインを核とした仕事は、既存の家具を選ぶことだけでは得られない面白さや楽しさがあります。完成した家具や空間を見て「きれいね」「素敵ね」とおっしゃっていただけることが一番の喜びですので、お客様がご注文の際に思い描いていらっしゃった以上の、きれいな仕上げを心がけています。

 私たちのお客様は、インテリアに対する関心が高く、上質なものをたくさんお持ちで、意識の高い方々です。オーダーメイドすることで信頼関係が築け、何度もご注文いただくケースもあり、とてもありがたく思っています。納品後にご連絡をいただいて、家具のことだけではなく、インテリア全般に関してのご相談もいただけるようになりましたので、インテリアコーディネーターの仕事の幅が広がっています。

 「何でもできます」ではなくて、自分の強みは家具のデザインや設計だということをしっかり持ちながら、家具と空間をトータルで考えるコーディネートを追及していきたいと思っています。

初回相談無料!! お気軽にお問合せください クリックでSSLセキュリティ対応のお問い合わせフォームが開きます
(お問合せの際はこちらをクリックしてください)

Access to Interior Design Luce

office@luce-interior.com
Tel&Fax:03-6411-0336
〒157-0077東京都世田谷区鎌田3-12-16-501
年間50件超をインテリアコーディネート
活動地域は、東京,神奈川,千葉,埼玉
インテリアコーディネート対象の物件は、
 個人の場合、マンション~一戸建て
 (子供部屋,一人暮らし~ファミリーまで)
 法人・団体の場合、事業所~邸宅
二子玉川,用賀,桜新町,駒沢大学,三軒茶屋,池尻大橋, 上野毛,等々力,尾山台,自由が丘,成城学園,田園調布など近隣地域の方、大歓迎!スピーディに対応!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 購読する

きらきらインテリアdesign Luce Official Blog

インテリアコーディネーター二子玉川Life Ameba Blog

インテリアコーディネーターとして仕事がしたい、独立したい人へ


「リフォーム&リノベーション」
インテリアコーディネーター
名鑑2017
「ラグジュアリィ」
インテリアコーディネーター
の世界へようこそ
  「クオリティ38」
インテリアコーディネーター
の世界へようこそ
 

家具・インテリア検索


TOP