リビングでのソファの置き方に悩んでいます

 リビングでのソファの置き方に悩んでいます
インテリアのご相談の中でも、過ごしやすく素敵にしたいとご要望が多いのがリビングです。

「リビング」とひとことで言っても、暮らし方の違いによってこの空間で行われる生活行為は様々。

団らん、接客、休息、読書、テレビ、音楽、あるいは家事や趣味をリビングで行う人も多いのではないでしょうか。


応接室や書斎、趣味用の部屋・・・とたくさんの部屋があればよいのですが現実の住宅事情を考えれば、なかなかそういうわけにもいかず、リビングにはたくさんの機能が求められることが多いと思います。

そう考えると出来るだけフレキシブルな空間であるのが理想的。


座布団やクッションなどを用いる床座(床に座る生活)であれば、座る位置は自由に変えることが出来ますが、今は一般的にリビングにはソファを置く場合が多いですよね。


  ソファを配置する場合の、基本的な配置の仕方として、
   ① 対向配列(向かい合わせ)
   ② L型配列
   ③ コの字型配列
   ④ 直列型配列
   ⑤ 分散型配列  
        などがあります。


応接室としては、①対向配列が適しているでしょうが、寛ぎの場としては堅すぎる雰囲気になってしまいます。


また、リビングダイニングとして一続きの空間であることが多くリビングとしてのスペースが限られている場合を考えると、

①対向配列、③コの字型配列、⑤分散型配列では広さが必要になってくるため、
配置の仕方は②L字型配列か④直列配列に限られてくるのが現実でしょうか。


では、どちらの方向を向けて置くか?

もちろんそれぞれの間取りの違いによってスペースの無駄を作らず、動線がスムーズになるようなレイアウトを個別にご提案できればよいのですが・・・


その他、ソファのレイアウトを考えるときに重要なのが、視線の方向性です。

リビングでの生活の中心がテレビだというのであれば、視線がテレビに向くようにソファを配置すべきでしょうが、「窓の外の景色を見ながら、ゆっくりお茶や読書を楽しむ」という生活ももちろん素敵!!

ご自分の生活で何を大切にするかを考えればよいと思います。
ただ、LDKがワンルームである場合、ソファはできればダイニングやキッチンの方に向けないことをお勧めします。

その方が、空間的には連続していても、生活にメリハリをつけられますし、例えば食後にキッチンやダイニングが乱雑な感じであっても、それが目に入らずに、リビングでゆっくりとした気持ちになれると思います。


  ≪インテリア相談室 一覧ページに戻る≫

初回相談無料!! お気軽にお問合せください クリックでSSLセキュリティ対応のお問い合わせフォームが開きます
(お問合せの際はこちらをクリックしてください)

Access to Interior Design Luce

office@luce-interior.com
Tel&Fax:03-6411-0336
〒157-0077東京都世田谷区鎌田3-12-16-501
年間50件超をインテリアコーディネート
活動地域は、東京,神奈川,千葉,埼玉
インテリアコーディネート対象の物件は、
 個人の場合、マンション~一戸建て
 (子供部屋,一人暮らし~ファミリーまで)
 法人・団体の場合、事業所~邸宅
二子玉川,用賀,桜新町,駒沢大学,三軒茶屋,池尻大橋, 上野毛,等々力,尾山台,自由が丘,成城学園,田園調布など近隣地域の方、大歓迎!スピーディに対応!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 購読する

きらきらインテリアdesign Luce Official Blog

インテリアコーディネーター二子玉川Life Ameba Blog

インテリアコーディネーターとして仕事がしたい、独立したい人へ


「リフォーム&リノベーション」
インテリアコーディネーター
名鑑2017
「ラグジュアリィ」
インテリアコーディネーター
の世界へようこそ
  「クオリティ38」
インテリアコーディネーター
の世界へようこそ
 

家具・インテリア検索


TOP