ウッドシャッター

先日、お客様宅の防犯対策の一つとしてウッドシャッターを検討するため、NORMANショールームへお伺いしました。

NORMAN
http://www.norman.co.jp/
(※予約制のショールームは現在西新宿にありますが、来週から一時クローズして来月には新ショールームへ移るそうです。)

木製ブラインドもたくさん扱っていますが、今回は目的がはっきりしているので、ウッドシャッターを徹底的に確認。今回は、ウッドシャッターに鍵を追加することを考えています。

ウッドシャッターとは、窓の内側に設置する扉なのですが、ルーバー(羽)を動かすことで採光量や風通しの調整が自在に出来るもの。


 20161022_001.jpg

20161022_002.jpg
 
開け閉めの仕方は、折れ戸も開き戸もあり、サイズや設置場所に合わせて選べます。

20161022_003.jpg

 
窓枠の外に設置するのか、窓の枠内に設置するのか、現場の納まりと照らし合わせて検討。

枠内に付ける場合は、窓の形状によって奥行きが足りず、ルーバーが動かなくなってしまうことがあるので注意しなければならないですし、枠の外側に付ける場合は、窓廻りのものと干渉しないかどうか確認が必要です。扉の開け閉めが出来るかどうかも含めて。

もし新築で予め枠外にウッドシャッターの設置を想定しているなら、下地を入れておくべきとか、色々と考えることは多いのです。

20161022_004.jpg
 
枠のカットサンプルを窓に見立てたくぼみにはめて検証。目で見て確認するためにショールームに行くのです!

20161022_005.jpg 


ルーバーのカラーサンプルがこんな風に展示してありました。
カラーサンプルを見ると何だかときめいてしまうのは、インテリアコーディネーターの性でしょうか・・・

asuka002.jpg

北谷 明日香です。( Asuka Kitatani )

世田谷区の二子玉川を拠点にインテリアコーディネーターの仕事をしています。
お客様にとって「大好きなものが散りばめられた、美しい空間作り」をお手伝いをします。


Interior Design Luceのホームページへ
詳しくはこちらをClick!!



ameba blogはこちら

私も掲載いただいている本

このブログ記事について

このページは、Administratorが2016年10月22日 22:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「きらめきのあるインテリア」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


[ Ctrl+D ]でもお気に入り登録できます
【このサイトをお友達に教えてあげる】

このエントリーをはてなブックマークに追加

家具・インテリア検索