きらめきのあるインテリア

このブログのタイトルでもあるキラキラのインテリア。

今のトレンドのひとつでもありますが、もともとキラキラ好きな女性は多いですよね。

 

私自身もキラキラ好きなので、むしろあまり深く考えたことはなかったのですが、「女性はキラキラしたものから多幸感を得る」ということは心理学からも裏づけされているそうです。

 

ところで、キラキラつまり「きらめき」って何なのでしょうか。

私の解釈が間違っていなければ、きらめき=光の反射。

ですから、きらめきのあるインテリアを作るには、光とそれを反射させる素材が必要ということです。

 

シャンデリアは、照明器具自体がきらめき感たっぷりですが、それと組み合わせることでキラキラ度をアップすることができるアイテムや素材にも注目。

 

例えば、大理石などの石の素材は、仕上げにもよりますが光沢が美しく、光をよく反射させてくれます。

床を真っ白な大理石に!とご希望なさる方は、確実にシャンデリア率高いです。

 

壁紙だったら、大理石を砕いた骨材やガラスビーズが散りばめられているようなものもありますし、金銀の箔でプリントした壁紙も。

塗装なら、大理石粉などが入った仕上げ材を塗るのもいいですね。

 

そして、ファブリック。

素材のきらめき感には各社注目して商品開発しているので、ヴァリエーションは豊富です。

光沢のある糸で織った生地(最近は金属糸を使ったものもたくさんあります)やプリントで光沢感を出したものだけでなく、スワロフスキーなどきらめく素材をファブリック表面に付着させているものもあります。

 

また、ファブリックに関連して窓廻りについて言えば、カーテンのポールやタッセルにも金属やアクリルなどで出来たすてきなものがたくさんあって、インテリアを華やかにしてくれますね。

 

家具でだって、きらめき感は演出できますよ。

ゴールド使いのクラシックな家具はもちろんですが、モダンな家具でも鏡面仕上げの家具は光をよく反射させてくれます。

 

そして、きらめき感のあるインテリアに是非取り入れたいのがミラー。

これまで挙げてきたようなキラキラしたアイテムが映りこんで、美しさ倍増!

 

もちろん、家中が光り輝いていたらなんだか落ち着かない気分にもなりますし、なんでもかんでもキラキラしていれば良いというものではありません。

大切なのは全体のバランス。これ基本です!

 

インテリアコーディネート、住まいの相談はインテリアデザイン ルーチェが承ります!

Interior Design Luce ホームページはこちら

Interior Design Luce

asuka002.jpg

北谷 明日香です。( Asuka Kitatani )

世田谷区の二子玉川を拠点にインテリアコーディネーターの仕事をしています。
お客様にとって「大好きなものが散りばめられた、美しい空間作り」をお手伝いをします。


Interior Design Luceのホームページへ
詳しくはこちらをClick!!



ameba blogはこちら

私も掲載いただいている本

このブログ記事について

このページは、Administratorが2011年12月15日 13:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リビングにソファをどうレイアウトするか?」です。

次のブログ記事は「ウッドシャッター」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


[ Ctrl+D ]でもお気に入り登録できます
【このサイトをお友達に教えてあげる】

このエントリーをはてなブックマークに追加

家具・インテリア検索