我が家にふさわしいダイニングテーブルのサイズは?

まず覚えておきたいのは、テーブル上で食事に必要な一人分の寸法です。隣の人と肘がぶつからないで食事をすることを考慮した一人分の寸法は、幅60cm×奥行40cm

 

その上で、食事をするためのテーブルは、家族数を基本に、来客などを考えて余裕のある大きさにしておきたいものです。ダイニングテーブルを食事以外の目的にも使用したい場合などを考えても、大きさにゆとりがあるのが理想です。

 

しかし、もちろん空間には制約がありますから、テーブルの周囲に人が動けるようなスペースも含めて適度な大きさを選ぶ必要がありますし、大きすぎるテーブルではコミュニケーションが取りにくいという欠点もあります。とくに、小さなお子様がいるご家庭では、子供の食事を手伝ってあげる場面も想定しておかなければなりませんね。

 

また、テーブルの形には、長方形、正方形、円形など様々なものがありますが、一般的なのはやはり長方形です。部屋の形を考えれば、基本的に空間に納まりやすいですし、スペースに余裕が無ければ、壁付けすることでスペースの節約が出来ます。

 

これに対して、円形のテーブルは、座ったときのテーブル周りのスペースまで含めると、長方形のテーブルに比べて広いスペースが必要になる場合が多いことに注意が必要ですが、その良さは、座ったときの人と人との位置関係から、堅苦しさが少なくなりリラックスしたムードが作れることにあります。

 

空間や家族構成、用途によってふさわしいサイズ・形のテーブルを選びましょう。

 

 

インテリアコーディネート、住まいの相談はインテリアデザイン ルーチェが承ります!

Interior Design Luce ホームページはこちら

Interior Design Luce

asuka002.jpg

北谷 明日香です。( Asuka Kitatani )

世田谷区の二子玉川を拠点にインテリアコーディネーターの仕事をしています。
お客様にとって「大好きなものが散りばめられた、美しい空間作り」をお手伝いをします。


Interior Design Luceのホームページへ
詳しくはこちらをClick!!



ameba blogはこちら

私も掲載いただいている本

このブログ記事について

このページは、Administratorが2011年9月30日 15:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「玄関をきれいに見せるには?」です。

次のブログ記事は「インテリアフェスティバル2011」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


[ Ctrl+D ]でもお気に入り登録できます
【このサイトをお友達に教えてあげる】

このエントリーをはてなブックマークに追加

家具・インテリア検索